リモートサポート

ホーム > ワンポイント講座 > 第115回 文字列の折り返しを覚えよう!

ワンポイント講座 第115回

         

本日の講座内容

文字列のおりかえし

image-01

写真やイラストは、文書の中でアクセントになります。
このような写真やイラストを自由に移動して、思い通りの作品を作りたいですね!そこで、今回は、Wordの図の挿入では欠かせない「文字列の折り返し」についてご紹介します。

※Wordは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

文字列の折り返しとは

文字列の折り返しとは、文章内に挿入した図や写真などと、文字列の位置関係をWordに認識させる機能です。

文字列の折り返しには7つ種類があり、それぞれに特徴があります。

次に、文字列の折り返しを変更する場所についてご紹介します。

※画像は、Word2013です

移動できない

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

変更場所

図などを挿入すると[文字列の折り返し]が選択できるようになります。
左側のイラストは、[図ツール]の[書式]タブにある[文字列の折り返し]です。
右側のイラストは、挿入した図の右上に表示される[レイアウトオプション]ボタン内にある[文字列の折り返し]です。
どちらを利用しても[文字列の折り返し]を変更できます。

場所

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

種類

■行内

初期設定では、ほとんどの場合が行内の設定になっています。 挿入した図は文字と同じ扱いになるため、自由に移動することができません。

ですが、文字と同じ左揃えや中央揃え、右揃えが行えるため、配置がキレイにできる特徴があります。

行内

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■四角

図の周りを四角に囲むように文字が配置されます。図は自由に配置し、動かすことができます。

文字と図の位置関係がすっきりとした見た目になります。

四角

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■外周

図の周りに沿って
文字が配置されます。

四角の場合よりも、より図に接近した状態で文字が配置されます。

図は、自由に動かすことができます。

外周

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■内部

外周と同様に、図の周りに沿って文字が配置されます。

外周と違う部分は、青でマークされた文字がより図に接近して割り込むように配置されます。

図は、自由に動かすことができます。

内部

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■上下

図の上下に文字が配置されます。

図に対して、周りの文字が侵入することなく配置されるため、ワードアートを使った見出しなどを作るときに便利です。

図は、自由に動かすことができます。

上下

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■前面

図が、文字列の上に乗るように配置されます。

文字をつぶしてしまう状態になりますが、 文書ウインドウ(文書作成する領域)のどの場所へでも移動でき、図と文字列がいくら接近しても、文字列は図の影響を受けないメリットがあります。

前面

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■背面

図が、文字列の背面へ回り込み、背景のような状態になります。
自由に移動できますが、文字列に隠れるために、図の選択が難しくなります。
背面に設定したオブジェクトの選択はこちらを確認

文字列は、図の上にあるため、自由に編集ができます。

次の項目で、背面に設定したイラストの使い方をご紹介します。

背面

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

特徴

メニュー表

[背面]と[全面]、文字を組み合わせてメニュー表を作成してみましょう。

背景の設定を中心にご紹介します。





■ページレイアウトの変更

[ページレイアウト]タブをクリックし、
[文字列の方向]を縦書きに変更します。

完成図

縦書き

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■背景の作成

背景を作成します。

右図のような背景を作成し、文字やイラストを置きメニュー表を作成します。




1、図形を選択します。

[挿入]タブから、[図形]をクリックし、[四角/長方形]を選択します。

背景

長方形

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ

2、長方形を描画します。

マウスポインタが十字に変化しています。この十字をドラッグしながら、好みの大きさで描画しましょう。

今回は、[本文領域]全体に描画します。

描画

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ

3、[文字列の折り返し]を設定します。

描画した長方形の右上に表示された、 [レイアウトオプション]ボタンをクリックします。 [文字列の折り返し]から[背面]を選択します。

| Point
[レイアウトオプション]内の
[ページ上で位置を固定する]にチェックをつけましょう。

チェックをすると、改行と一緒に図が移動することを防げます。 この設定により、文字の入力が行いやすくなります。

※[ページ上で位置を固定する]機能は、Word2013からの機能です

背面

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ

4.背景に色を設定します。

描画した長方形を選択した状態で、 [描画ツール]の[書式]タブをクリックします。

[図形の塗りつぶし]ボタン
(バケツから色がこぼれているマーク)
の横にある[▼:下向き三角]をクリックします。

色の一覧が表示されます。
ここから、好みの色を選択します。

今回は、[テクスチャ]の項目から、
[便箋]テクスチャ(※)を選択します。




[便箋]テクスチャが適用されると、
右図のような状態になります。


※テクスチャとは、素材などの質感を表現した色塗りのパターンです。

image-18

テクスチャ

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ

5.白色の長方形を描画します。

[便箋]のテクスチャが適用された 長方形の上に、一回り小さい白色の長方形を描画します。

この時も、3の手順で行った[文字列の折り返し]を[背面]へ設定します。

あわせて、[ページ上で位置を固定する]へのチェックも行ってください。

これで、背景の完成です。

白背景

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■文字の入力

メニューを入力していきます。

文字入力を行いたい位置へカーソルを移動し、 フォントや字の大きさを変更しながら入力してみましょう。

image-21

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■イラストの挿入

好みのイラストを追加します。

好みのイラストや写真を挿入した後、
[レイアウトオプション]ボタンを使い、
[文字列の折り返し]を[前面]に設定します。

前面へ設定することで、
[文書ウインドウ(文書を作成する領域)]内で自由に、イラストを移動できるようになります。




今回は、2か所にイラストを置き、どちらも [前面]へ設定しました。

前面

前面2

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

次へ
■完成

完成したメニュー表のイラストや文章は、 変更して利用できます。

季節に合わせて変更をしても楽しいですね。

その際に、イラストは[前面]に設定するように気をつけましょう。

完成

◇操作でお困りの際にはリモートサポートセンタへお問い合わせください!

作品作り
 

ワンポイントキーワード

知っておきたいキーワードや用語を解説します。

keyword115

今回、メニュー表の作成で利用した[背面]ですが、
文字通り、文字列の背面に設定されるため、図の移動を行いたい時に、
選択できない場合があります。

そのようなときに、[オブジェクトの選択]を利用しましょう!
上の文字列を無視してオブジェクトのみを選択できる便利な機能です。
[ホーム]タブから、[編集]→[選択]→[オブジェクトの選択]で起動できます。

image-26

トップへ戻る
     区切り     

もっと楽しめる!始めてのパソコンライフ

パソコンの楽しくて便利な機能を、どんどんご紹介します!

パソコンで何ができるの?

◆パソコン周辺機器もリモートサポートにおまかせ!

パソコン周辺機器の「困った」も、リモートサポートセンタがお応えします。

◆マンツーマンでのリモートレッスン
「オンラインパソコン教室」予約随時受付中


もっと詳しく学びたい方のために次の講座をご用意しております。
ぜひご利用ください。

■文書基礎講座 1
 ◇ワードソフトでできること ◇画面構成 ◇文章の入力と縦書き・横書き
 ◇ファイル保存・呼び出し
■文書基礎講座 2
 ◇範囲の選択 ◇コピー・貼り付け ◇文字や段落の書式設定・変更
■文書基礎講座 3
 ◇図・表の挿入 ◇表のレイアウト変更 ◇ワードアートの挿入 ◇印刷の設定
■文書基礎講座 実践編
 ◇文書基礎講座1~3の内容から課題を作成し実践します
■文書応用講座
 ◇お客さまから事前にお伺いするご要望に応じてご提供します

   
     トップへ戻る   
     区切り     

マンツーマンでのリモートレッスン「オンラインパソコン教室」予約随時受け付け中!

マンツーマンでのリモートレッスン「オンラインパソコン教室」予約随時受付中
もっと詳しく勉強したい方のために次のコースがありますので、ぜひご利用ください。

○オンラインパソコン教室では、パソコン基本操作・インターネット・文書作成・表計算・プレゼンテーション・ソフトウェア活用・パソコン/周辺機器活用など、
全45講座をご用意しております。

「オンラインパソコン教室」のご利用料金は、マンツーマンでプロの先生がついて1講座1,800円(税抜)です。
「ワンポイント講座」とあわせて、ぜひパソコン&ネットのスキルアップにご活用ください。
詳細・予約についてのお問合せは、こちらから

【リモートサポートセンタ】
お電話でのお申し込みは 0120-855408 (営業時間 9:00~21:00 年中無休)
携帯電話から 0570-064066 050IP電話・PHSから 03-6910-1637
※携帯電話及び050IP電話・PHSからのご利用にあたっては、通話料金が発生いたします。

   
     トップへ戻る   
 
     区切り     
 
ページの先頭にもどる