リモートサポート

ホーム > ワンポイント講座 > 第134回 スリープ・休止状態・シャットダウン…どんな違いがあるのかな?

ワンポイント講座 第134回

         

本日の講座内容

スリープ・休止状態・シャットダウン…どんな違いがあるのかな?

シャットダウン

ちょっと席をはずすだけ、別の用事を済ませてまた作業を再開したい…
こんな時は、シャットダウンから起動するよりも[スリープ]や[休止状態]が
おススメです!今回は、[スリープ]と[休止状態]の違いを中心にご紹介します。
※Windows8.1のパソコンを使用しています。

電源メニュー

電源メニューは、電源ボタンをクリックした時に表示されるメニューです。
[シャットダウン]や[再起動]のほかに、今回ご紹介する[スリープ]、[休止状態]が
電源メニューです。
※Windows 8.1では、一般的に[休止状態]は表示されていません。表示させたい場合はこちらをご確認ください。

電源メニュー

スリープ・休止状態

スリープ・休止状態・シャットダウン

■スリープ
スリープは、少しの間席を離れ、またすぐに再開する時に便利な機能です。
シャットダウンからの起動や、休止状態よりも復帰が早く、すぐにスリープ前の作業状態から再開できます。

パソコンをスリープにすると、起動中のプログラムや編集中のドキュメントなど、現在の作業状態がメモリへ保存されます。
画面が暗くなり、一見電源が入っていないように見えますが、メモリに保存された作業状態を保持するため、パソコンは省電力の状態で動作しています。
そのため、素早く再開できますが、電源が外れるなど、メモリへの通電ができなくなると作業状態が失われます。

スリープ

次へ

■休止状態
休止状態は、スリープと同様にすぐに作業を再開する時に便利な機能です。

休止状態の間は、電力を消費しないため、パソコンを持ち歩く場合(ノートパソコン)などに利用すると、良いでしょう。

パソコンを休止状態にすると、現在の作業状態がHDD(ハードディスクドライブ)またはSSD(ソリッドステートドライブ)へ保存され、パソコンの電源が切れた状態になります。
これらの保存先は電源の供給が無くとも保存状態を保つことができるため、急な停電やバッテリー切れなどが起こった場合でも、休止状態前の作業状態から再開できます。

シャットダウンからの起動よりも早く復帰できますが、スリープに比べると再開にやや時間がかかります。

休止状態

次へ

■シャットダウン
パソコンの電源を完全に切った状態にします。

パソコンをしばらく利用しない場合には、シャットダウンをしておきましょう。
作業状態は保存されません。編集中のドキュメントは、シャットダウン前に保存しましょう。

シャットダウン

再開が簡単

ハイブリッドスリープ

スリープの機能としてハイブリッドスリープをご紹介します。

ハイブリッドスリープは、スリープと休止状態を組み合わせた機能です。
現在の作業状態をメモリとHDDまたはSSDへ保存します。

ハイブリッドスリープが有効の場合、スリープを選択すると自動的にハイブリッドスリープになります。そのため、基本的な動作はスリープと同じです。

ハイブリッドスリープは、パソコンをスリープにしつつ、急な停電やバッテリー切れといった万が一の事態にも備えることのできる安心な機能です。
電源が切れた状態から再開しても作業状態を復帰できます。

ハイブリッドスリープ

次に、ハイブリッドスリープの設定状態を確認してみましょう。

次へ

■ハイブリッドスリープの設定状態を確認する
[チャーム]を表示し、[設定]をクリックします。 設定に表示された項目から、[コントロールパネル]を選択します。

設定

次へ

[コントロールパネル]画面で[ハードウェアとサウンド]を選択します。
次に表示された[ハードウェアとサウンド]画面から[電源オプション]を選択します。

コントロールパネル

次へ

[電源オプション]画面から[プラン設定変更]を選択します。
表示された[プラン設定の編集]画面から[詳細な電源設定の変更]を選択します。

電源オプション

次へ

[電源オプション]のダイアログボックスが表示されます。

スクロールバーをスクロールし、[スリープ]の項目を探します。
[スリープ]の左横に表示された[+]マークをクリックし詳細を表示します。

次に、[ハイブリッドスリープを許可する]の左横に表示された[+]マークをクリックすると詳細が確認できます。
表示が[オン]の場合、ハイブリッドスリープが有効になっています。

■ハイブリッドスリープの設定
ハイブリッドスリープは、一般的に、既定で有効になっている場合がほとんどです。

変更する時は、[ハイブリッドスリープを許可する]の詳細に表示された[オン]または[オフ]をクリックし、好みのものに切り替えます。
切り替え後、[適用]→[OK]とクリックすると設定の変更が適用されます。

ハイブリッドスリープの確認

ハイブリッドスリープの設定変更

安心

休止状態の表示

一般的に、Windows8.1では電源メニューに[休止状態]が表示されていません。休止状態を表示したい場合は、次の手順で表示できます。
※管理者アカウントでログインしている必要があります。

■休止状態を表示する
[コントロールパネル]の[ハードウェアとサウンド]から[電源オプション]をクリックし、右図を表示します。

この中の[電源ボタンの動作を選択する]を選択します。

電源オプション

次へ

[システム設定]画面が表示されます。

[現在利用可能でない設定を変更します] をクリックします。

シャットダウン設定の表示

次へ

[シャットダウン設定]の項目から、 [休止状態]にチェックを付け、[変更の保存]をクリックします。
これで設定の完了です。

スタート画面または、デスクトップ画面で電源メニューに[休止状態]が表示されているか確認してください。

休止状態

節約
 

ワンポイントキーワード

知っておきたいキーワードや用語を解説します。

自動スリープ

[自動スリープ]は、設定した時間が来ると、パソコンを自動的にスリープ状態にする機能です。

■スリープへ移行する時間を調節する
[コントロールパネル]から[ハードウェアとサウンド]を選択し、[電源オプション]画面を表示します。
選択されているプランの[プラン設定の変更]をクリックします。

電源オプション

[コンピュータをスリープ状態にする]の項目から、移行する時間を選択します。
選択後、[変更の保存]をクリックして設定の完了です。

また、自動スリープを設定しない場合は、[適用しない]を選択することで、
自動スリープをオフにできます。

時間の設定

これらの設定変更で、より使いやすいパソコン環境を作ってみてください!

トップへ戻る
     区切り     

もっと楽しめる!始めてのパソコンライフ

パソコンの楽しくて便利な機能を、どんどんご紹介します!

パソコンで何ができるの?

◆パソコン周辺機器もリモートサポートにおまかせ!

パソコン周辺機器の「困った」も、リモートサポートセンタがお応えします。

◆マンツーマンでのリモートレッスン
「オンラインパソコン教室」予約随時受付中


■まずはここから!パソコン基本講座 1
 ◇パソコンでできること ◇電源のON・OFFの手順 ◇デスクトップ画面とは
 ◇マウスの使い方  

   
     トップへ戻る   
     区切り     

マンツーマンでのリモートレッスン「オンラインパソコン教室」予約随時受け付け中!

マンツーマンでのリモートレッスン「オンラインパソコン教室」予約随時受付中
もっと詳しく勉強したい方のために次のコースがありますので、ぜひご利用ください。

○オンラインパソコン教室では、
・パソコン基本操作
・インターネット
・文書作成
・表計算・プレゼンテーション
・ソフトウェア活用
・パソコン/周辺機器活用
など、全52講座をご用意しております。

「オンラインパソコン教室」のご利用料金は、マンツーマンでプロの先生がついて1講座1,800円(税抜)です。
「ワンポイント講座」とあわせて、ぜひパソコン&ネットのスキルアップにご活用ください。
詳細・予約についてのお問合せは、こちらから

【リモートサポートセンタ】
お電話でのお申し込みは 0120-855408 (営業時間 9:00~21:00 年中無休)
携帯電話から 0570-064066 050IP電話・PHSから 03-6910-1637
※携帯電話及び050IP電話・PHSからのご利用にあたっては、通話料金が発生いたします。

   
     トップへ戻る   
 
     区切り     
 
ページの先頭にもどる