リモートサポート

ホーム > ワンポイント講座 > 第145回 ちょっと待って!そのメッセージ、消しちゃう前に読んでみよう

ワンポイント講座 第145回

         

本日の講座内容

title1

吹き出し1

パソコンを使っていると、さまざまなメッセージが表示されます。
内容を読まずに無視していると、大切なお知らせを見逃してしまう可能性も!?
一度内容を確認する習慣をつけましょう!

mini-title

タスクバーの右端にあり、音量調節やネットワーク、電源の状態などのアイコンが並んで表示されている部分を『通知領域』といいます。

通知領域は、アイコンの変化や吹き出しのメッセージを使って、電子メールの着信、ネットワークの接続といった、プログラムの状態をリアルタイムでユーザーにお知らせしてくれます。

パソコンの状態を把握するためにも、 通知領域のお知らせは無視せずに、一度注目して確認してみることをおススメします。


通知領域

mini-title

■Java Update(ジャバ アップデート)

右図のメッセージは、「Java Runtime Environment<略:JRE(ジェイアールイー)>」のアップデートが提供されていることをお知らせしています。
JREは、Javaと言うプログラム言語で作成された、オンラインゲームなどのプログラムを実行するためのソフトウェアです。
オラクル社が無料で提供しています。

jre

一般的に、メーカー製のパソコンには、あらかじめインストールされています。
通知領域に表示されたメッセージをクリックし、画面の指示に従い作業を進めることで更新できます。

次へ

■Adobe Reader(アドビリーダー)

右図のメッセージは、Adobe Readerのアップデートが提供されていることをお知らせしています。
Adobe Readerはアドビ システムズ社が無料で提供しているソフトウェアです。
電子文書の規格の1つである「PDF(ピーディーエフ)ファイル」の閲覧や印刷、保存などが行えます。

adobereader

PDFファイルは、取扱説明書や調査結果などをインターネット上で公開する際に、利用されることの多いファイル形式です。拡張子は[.pdf]です。
こちらも、メーカー製のパソコンには、あらかじめインストールされていることの多いソフトウェアです。
通知領域に表示されたメッセージをクリックし、画面の指示に従い作業を進めることで更新できます。

次へ

■アクションセンター

アクションセンターは、パソコンのセキュリティやメンテナンスの状態を自動で確認し、通知してくれるWindowsの機能です。

セキュリティやメンテナンス状態に問題があった場合は、旗のアイコンが右図のように変化したり、吹き出しでお知らせします。

アクションセンター

表示された吹き出し、または通知領域の旗アイコンをクリックすると通知内容を確認できます。

[3個の重要なメッセージ]と書かれた部分をクリックするとアクションセンターが開き、問題のある項目がひと目で確認できます。
表示されている内容をよく確認し、設定を変更しましょう。

パソコンのメンテナンスのためにも、アクションセンターの通知は無視せず、確認してください。

アクションセンター2

次へ

■アップデートがウイルス感染の予防になる!

アップデートが通知されたソフトウェアは、メッセージの内容に従い、最新の状態へ更新しておきましょう。

パソコンのOSをはじめ、先ほど紹介したソフトウェアには、しばしばセキュリティ上の欠陥となる脆弱性(ぜいじゃくせい)が発見されることがあります。
これらを放置していると、ウイルス感染などのリスクが高まります。

ソフトウェアメーカーから提供されるアップデートには、製品の向上を目的とする更新以外に、見つかった脆弱性に対する修正プログラムが提供されることがあります。
ソフトウェアを更新して、パソコンが攻撃の対象とならないように、予防しましょう。

通知領域には、今回ご紹介したソフトウェアのほか、パソコンメーカー独自のソフトウェアに対する、アップデートの情報も表示されます。 こちらも更新するように心がけましょう。

更新

吹き出し2

mini-title

表示されていたメッセージが消えてしまった場合は、通知領域の[▲]をクリックします。
表示された通知領域オーバーフローから、通知アイコンを確認できます。

image-09

mini-title

パソコンを起動したときや、Internet Explorerを開いたときに、身に覚えのないセキュリティ対策ソフトのような画面が、自動的に表示される場合があります。

パソコンを再起動しても、同様の画面が表示される時は、『偽セキュリティソフト』がパソコンにインストールされてしまった可能性を疑います。

image-10

偽セキュリティソフトの特徴は、『重大な問題が検出されました。』など、ユーザーの不安を煽る警告文を表示し、これらを解決するためには、有料ソフトを購入する必要がある、と促してきます。

このような表示が出た場合は、むやみにクリックせず、以下のリンクを参考に、お使いのセキュリティソフトでスキャンを行い、削除を試みてください。
困ったときのFAQ:広告のポップアップが勝手に現れる

吹き出し3
 

ワンポイントキーワード

知っておきたいキーワードや用語を解説します。

keyword

新しいソフトウェアをインストールする際などに、「ポン」と以下のような画面が表示されます。
これがユーザーアカウント制御です。
今回ご紹介したソフトウェアをアップデートする場合にも、表示されます。

image-12

この機能は、操作ミスや勝手に許可していないプログラムが起動するといった、
ユーザーの意図しない操作が自動で実行されることを防ぐために、Windowsのパソコンに
標準で備わっているセキュリティ機能です。
自分が実行した操作であれば「はい」をクリックして許可します。
それ以外の場合は、「いいえ」をクリックして、操作をキャンセルします。

また、標準ユーザーアカウントでログインしている場合は、以下のような画面が表示されます。
この場合、管理者権限のアカウントパスワードの入力が必要です。

image-13

トップへ戻る
     区切り     

もっと楽しめる!始めてのパソコンライフ

パソコンの楽しくて便利な機能を、どんどんご紹介します!

パソコンで何ができるの?

◆パソコン周辺機器もリモートサポートにおまかせ!

パソコン周辺機器の「困った」も、リモートサポートセンタがお応えします。

◆マンツーマンでのリモートレッスン
「オンラインパソコン教室」予約随時受付中


   
     トップへ戻る   
     区切り     

マンツーマンでのリモートレッスン「オンラインパソコン教室」予約随時受け付け中!

マンツーマンでのリモートレッスン「オンラインパソコン教室」予約随時受付中
もっと詳しく勉強したい方のために次のコースがありますので、ぜひご利用ください。

○オンラインパソコン教室では、
・パソコン基本操作
・インターネット
・文書作成
・表計算・プレゼンテーション
・ソフトウェア活用
・パソコン/周辺機器活用
など、全52講座をご用意しております。

「オンラインパソコン教室」のご利用料金は、マンツーマンでプロの先生がついて1講座1,800円(税抜)です。
「ワンポイント講座」とあわせて、ぜひパソコン&ネットのスキルアップにご活用ください。
詳細・予約についてのお問合せは、こちらから

【リモートサポートセンタ】
お電話でのお申し込みは 0120-855408 (営業時間 9:00~21:00 年中無休)
携帯電話から 0570-064066 050IP電話・PHSから 03-6910-1637
※携帯電話及び050IP電話・PHSからのご利用にあたっては、通話料金が発生いたします。

   
     トップへ戻る   
 
     区切り     
 
ページの先頭にもどる